星占い事典|双子座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

双子座に合わない仕事

運命を動かす4Dメンタリング

単純作業のくりかえし

同じ作業を繰り返して技術を向上させていくのが好きな人がいますが、双子座はあきっぽいため向いているとはいえません。

 

そもそも双子座が飽きてしまう主な原因というのは、知的な刺激に欠けるから。

 

五感への刺激だけでは満足できず、脳みそを動かしてあげる必要があるのです。

 

単純作業を続けなければならない場合は、普通の人以上にストレスがたまりやすいのでうまく発散する方法を見つけるようにしましょう。

 

あまりに退屈してしまうようであれば、資格をとるための勉強をしたりしてスキルアップを図るのもよいかもしれません。

 

ストレスで苦しくなったら異動を願い出たり、思い切って転職も悪くないかもしれません。




上からの圧力がきつい

職場によっては、上司のいうことをただ聞くだけで、自由に仕事をさせてもらえない環境もありえます。

 

支配的な上司からの理不尽な指示だったりすると、その意味のなさに双子座は完全にやる気を失ってしまうでしょう。

 

そのため、組織の体制によって上下関係がきびしい会社などは向いているとはいえません。

 

最初は耐えられたとしても、長い年月をそこで過ごしたなら、いつか反抗するか無視するか逃走するか・・・。

 

ストレスいっぱいで精神的にまいってしまう可能性が高まります。

 

古いしきたりやルールに縛られたままでは双子座の良さはなかなか発揮できにくいのです。
 




だまって覚えるしかない

一人前の職人になるために師匠について何年も修行を重ね、その間はひたすら目で見て技を盗むしかないという世界があります。

 

伝統的な職人の世界の多くはこういうものなのかもしれませんが、残念ながら双子座にはあまり向いているとはいえません。

 

手先が器用ですし職人が向いていないということはないものの、言葉少なく、無言のルールにしたがって黙々と修行を続けるというのは双子座にはむずかしいものがあるでしょう。

 

能力的には最高の素質があったとしても、忍耐と自己研鑚の日々を何年も(場合によっては何十年)続けていくのは精神的にきびしそうです。

 

修行が必要でも、落語家などであればトークで発散することができるので大丈夫でしょう。
 




PAGETOP
Copyright © 双子座の運勢 ~ Gemini ~ All Rights Reserved.