星占い事典|双子座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

双子座が苦手な人間関係

踏み込みすぎる

双子座は気さくに人に声をかけるほうなので、近づいてこられた側の人は「自分と友達になりたいのかな?」と思い、きっとだれにでも心を開く人なのだと考えるでしょう。

 

しかし友達であることの定義というのは人それぞれ違うもの。

 

双子座は広く浅く付き合うことを望みますが、中には、互いの深い部分まで知り合うのが友達だと考える人もいたりします。

 

それぞれ悪気はないのですが、そこが食い違うとお互いが辛くなってしまうかもしれません。

 

とくに双子座は、心の深部に壁がある人が結構いるため、まだ心を許していないのに、それをムリに乗り越えて来られるとサッと身を引いて後ずさりしたりします。

 

そんなときの双子座は、いつもとは別人のように冷たい態度を見せることもあるでしょう。

 

双子座はフレンドリーに見えますが、一定のラインを超えてくるような人は苦手なのです。




いつもどこでも一緒

フレンドリーで独特のコミュニティを持っていることもある双子座は、仲間と交流することを好みます。

 

そのため、いつも仲間たちと行動を共にしたいタイプだと思われがちですが、じつは全く逆なのです。

 

仲間といることは好むものの、実際はどこにも所属していたくはありません。

 

双子座は基本的に「個人」を重んじる星座。

 

その場では楽しく意見交換はするものの、その場を離れてまでくっついてこられるのは心地よく感じません。

 

そのため学生時代によくありがちな仲良しグループなどでは、しっくりこないものを感じるかもしれません。

 

どんなに仲の良い友達でも、ベタベタされるのはどうも苦手に感じてしまいます。
 




ドロドロ系は勘弁

なぜか世の中には人の悪口を言って敵・味方を作ったり、ドロドロした人間関係のほうがエキサイトするタイプの人がいるものです。

 

そうやって人間関係の泥沼に自らハマっては、そこで自分サイドについた人とあれこれ愚痴で盛り上がったりするのでしょう。

 

しかし双子座は、そんなドロドロした人間関係だけは勘弁してほしいと思っています。

 

やむをえず話を合わせなければならないことはあっても、いつまでもそのような関係を続けることはないでしょう。

 

そんな関係は得るものがなにもないだけでなく、自分が消耗するだけだと感じていますし、一言でいうならば面倒くさいのです。

 

個人的にはディープな世界を持っていたりする双子座も、他者とのドロドロ関係だけは避けたいと感じています。
 




PAGETOP
Copyright © 双子座の運勢 ~ Gemini ~ All Rights Reserved.