星占い事典|双子座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

双子座の夫

運命を動かす4Dメンタリング

亭主関白度低め

亭主関白にあこがれはあるものの本質的にはなりきれないのが双子座の夫。

 

動くことが苦痛ではないうえに家事などもこなせてしまうので、家の仕事は手伝ってくれるほうでしょう。

 

そもそも男尊女卑という考え方自体、古いもののように感じていますから家の中では夫婦対等なことが多いでしょう。

 

料理などにもし本気で取り組んだなら場合によっては奥さんより上手になる才能すらあるかもしれません。

 

たとえ仕事が忙しい時でも、家事が気晴らしになったりするのできちんとやってくれそうです。

 

なにか不満がある場合は、態度ではなくきちんと言葉で伝えてあげましょう。

 

人の感情を察知するのはそれほど得意なほうではないのではっきりと言葉で伝えてほしいと思っています。




おだてて動かす

自分からはあまり動こうとしない双子座もいますが、そんな場合でも奥さんがうまく操縦することによって、きちんと手伝ってくれるようになったりします。

 

ポイントはおだてて気分を持ちあげるということでしょう。

 

双子座は考え方が柔軟なので、奥さんの対応次第でいつでも変化する可能性があるといえます。

 

家事を頼んだときには、双子座の夫のやり方に口出ししてはいけません。

 

自分なりにあれこれ調べていたりするので、うるさく言われるとヘソを曲げてしまうかもしれません。

 

旅行やレストランなどに行きたい時には、自分から提案せず、まずは双子座の夫にリサーチを頼むと良いでしょう。

 

夫も興味を持つような情報を吹き込んでいけば、本人も気になって多少無理してでもOKしてくれるかもしれません。




よそ見を見守る

たとえ結婚したとしても双子座の夫はなかなか落ち着こうとしないものです。

 

双子座はいつまでたっても感性が若いままなので、結婚したからといってそう簡単には変われないのです。

 

そのため、結婚後もフラリとどこかへ出かけて行ったり、趣味を楽しんだりと、家庭以外のことにも興味が向かったままになる可能性がなきにしもあらず。

 

だからといって「家庭を顧みないのはひどい」と夫を責めてはいけません。

 

もし無理やり家庭に縛りつけようとしたならば、双子座の夫は息苦しくなって逃げ出してしまいたくなるでしょう。

 

家族を心から大切に思っていても、それ以外のことをしていなければ心のバランスが取れないのが双子座です。

 

フラフラよそ見をしているように見えたとしても、それが家庭の平和のためだと思って少し大目に見てあげましょう。




PAGETOP
Copyright © 双子座の運勢 ~ Gemini ~ All Rights Reserved.